最低年収のボーダーラインは?

転職をしたい、もっとよい条件で働きたいと思うことはよくありますが、よい条件で働くためには、自分にそれなりの実力がなくてはならなかったり、仕事が大変だったりすることも少なく

最低年収のボーダーラインは?

27才、女性のエッセイ : 転職をしたい

転職をしたい、もっとよい条件で働きたいと思うことはよくありますが、よい条件で働くためには、自分にそれなりの実力がなくてはならなかったり、仕事が大変だったりすることも少なくありません。
私はたくさん働かなくてはならないくらいなら、年収は最低賃金ぐらいあればよいのかなと思うこともあります。最低年収のボーダーラインはやはり最低賃金よりも上ということだけです。
プライベートを充実させるためにも、仕事はほどほどにしておきたいです。
最低賃金分の年収だけでは節約は必要かもしれませんが、生活をすることは可能です。

自分のやりたい仕事をするために、どうにか雇ってもらえるとなった場合などでも、私は最低賃金分の年収があればよいと思っています。自分のやりたいことを実現することができる人はそんなに多くはないようです。
自分の憧れの職業に就くことができるならば、給料よりもその仕事の充実さに価値を見いだすことができそうです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.