最低年収のボーダーラインは?

ボーダーラインと一口にいっても、その人の立ち位置によってそのラインは大きく上下すると考えられます。

最低年収のボーダーラインは?

35才、男性のエッセイ : ボーダーラインと一口にいっても

ボーダーラインと一口にいっても、その人の立ち位置によってそのラインは大きく上下すると考えられます。あくまで現在の自分を基準としたラインで考えると、夫婦と低学年の子供二人、ローン付の持ち家とローンなしの車一台で考えた場合、自分自身では360万もあればなんとかなると考えているのですが、嫁の立場からすればそれでは全然足りないとの事です。

もちろん同じ立場でも余裕でやっている人はいるのでしょうが、嫁にいわせればそういう人たちは自身では気づいていなくても、何かしらの形で親からの援助があった上で生活をしているので、そんなものは参考にならないと言ってのけます。
実際にうちの家庭では親からの援助はほぼ皆無の状態です。
そのうえで嫁がバイトをしていて、借金をせず、貯金も毎月にできるかできないかで、定期的に貯金をする余裕はありません。この状況から少しでも楽な生活を送るためのボーダーを示せといった場合、嫁の基準でいえば最低でも月40万程の給料で、嫁のバイト無しでも、貯金を少ししながらやっていけると思います。実際に嫁のバイトに頼らざるを得ない現状は情けない限りですので、最低でも月40万、年間で480万程度の収入が楽のできるボーダーラインであると考えます。

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.