最低年収のボーダーラインは?

私の場合、最低年収のボーダーラインは、160万円程度でいいと思います。

最低年収のボーダーラインは?

49才、男性のエッセイ : 私の場合、最低年収のボーダーラインは

私の場合、最低年収のボーダーラインは、160万円程度でいいと思います。会社に勤めている労働者の場合、源泉徴収・社会保険料・年金・その他天引きされる金額などを考えると、年収200万はなければまともな生活はできないかもしれません。

しかし自営業の場合、複式簿記をやるという条件付きで青色申告すると、160万円あたりまでは税金がかからないようになっているわけです。
つまり、3000万円ほどの利益が出た場合、それをそのまま申告してしまうとかなり高額な税金がかかってしまいますが、2840万円を経費で使ってしまえば、所得税はかからないということになります。もちろん、経費が認められる部分は業種によってさまざまですが、逆に生活に関わっている部分を経費にできるような商売をいくつでも増やせる構造にもなっています。
これは登記簿謄本に事業内容を明記しなければならない法人に比べると、かなり自由度は高いのです。
だから、現金で残し所得にする必要はあまりないと言えます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.