最低年収のボーダーラインは?

若い頃なら、給料よりも自分のしたい仕事が出来るかどうかで職場を選ぶ事も出来たでしょうが、現実問題やはりこの社会で生きて行くためにはお金が、収入がどうしても必要になってきま

最低年収のボーダーラインは?

42才、男性のエッセイ : 若い頃なら

若い頃なら、給料よりも自分のしたい仕事が出来るかどうかで職場を選ぶ事も出来たでしょうが、現実問題やはりこの社会で生きて行くためにはお金が、収入がどうしても必要になってきますね。夫婦共稼ぎかどうかという問題はありますが、例えば独身の場合を考えると、その収入のボーダーラインはざっと計算してみて200万かなと思います。正社員かどうか、そして社会保険は会社が負担してくれるのかと言うことも有るけど、もしそうじゃない場合、自分で年金やら各種税金を払わなければならないのです。
一時職を失っていた時に痛感したのはその点ですね。
保険料、住民税、年金などなど、それから水道電気ガスなどの生活に必要な最低限のインフラ、またケータイ、ネットも必要な世の中ですから、それらだけでも年間数十万ってオーダーのお金が掛かってしまいます。単に生活費、つまりは家賃と食費だけでは考えられないのです。
持ち家だとしたら固定資産税とかもあるし、そういうのを考えた上でやはり200万はリアルにギリギリの線だと実感しています。

お役立ち情報

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.