最低年収のボーダーラインは?

転職を二回した。

最低年収のボーダーラインは?

54才、男性のエッセイ : 転職を二回した

転職を二回した。
当時はまだバブル時期がくる前で、今から25年以上も前になる。最初に入った会社は三カ月で、ある事情で辞めることになり、次の会社に入ったときも年収はあまり気にしたことがなかった。ただ生活するのに精一杯だったが、若かったせいもあり気にすることがなく過ごせた。
ただ気になりだしたのは、二回目の転職で三つ目の会社に入社が決まったとき、契約社員だったため以前の会社の源泉徴収を持参した。
その時の人事部長が、「こんなに安いんだ」と独り言のように言ったとき、自分の年収が世間的に安いことを初めて認識した。
その時は、その人事部長ことを「なんて失礼な人だろう」と思ったが、その後年収に関して意識を植えつけてくれたという意味では感謝すべきかもしれない。残業もついていた時代だったし、すぐにやってきたバブルで本当に浪費、散財した。

その後人並みに結婚もし、親になり、マンションだけど自分の家を持つことができたのは、きっと時代も良かったし運も相当良かったと思う。今の状況の生活レベルを保つには、マンションの返済金と子供の学費が必要だけど、来年以降は卒業するので若干安くなっても良いかもしれない。それにしても、生活レベルを下げることは難しいので、いくらまでというより現状維持ということが年収のボーダーラインと言える。

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.