最低年収のボーダーラインは?

最低年収のボーダーラインは人によりけりで、多くの要因によって変化すると思う。

最低年収のボーダーラインは?

27才、男性のエッセイ : 最低年収のボーダーラインは人によりけりで

最低年収のボーダーラインは人によりけりで、多くの要因によって変化すると思う。例えば家族の有無だ。結婚しており更に子供もいる様な人ならば、家族を養う為に独身の人よりも最低年収のボーダーラインは高めであると思うし、逆に独身の人ならば自分一人食べていける位の収入があればいいので、それに伴い最低年収のボーダーは低くなる訳である。
また、自分の趣味も最低年収のボーダーラインを決める大きな因子だ。例えば車やサウンド等の所謂お金のかかる趣味ならば年収は高めでないと満足出来ないだろうし、読書やネットサーフィン等のお金のあまりかからない趣味ならば、多少年収が低くても十分に趣味を満喫できると思う。ここで趣味くらい我慢する、と思っている人は多いかもしれない。いや、実際に多いのだろうが、ストレス社会の今を生きるには適度にストレスを発散する事は必須であると思うし、その際に趣味を行う事は非常に効果的であるので、趣味にかかる費用も最低年収のボーダーを決めるにあたって考慮すべき事であろう。
以上二つの因子を例として挙げたが、これら以外にも土地の有無や物価、雇用条件等の様々な因子があり、それらによって最低年収のボーダーが決まってくるのでは、と私は考える。

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.