最低年収のボーダーラインは?

最低年収のボーダーラインは300万円が一般的になってきています。

最低年収のボーダーラインは?

27才、男性のエッセイ : 最低年収のボーダーラインは300万円が一般的になってきています

最低年収のボーダーラインは300万円が一般的になってきています。最近ですと新卒で入社した20代の社員の給料は毎月18万弱です。
そしてこれを12か月にすると216万円になります。さらに2回のボーナスで給料の二か月分なので、240万くらいになります。このため20代前半では、年収は300万を超えないです。

しかしここから能力がついていって手取りの給料が増えていくと、30歳くらいで年収300万円には問題なくいけます。30歳手前になると結婚を考える人が増えてきます。その時に300万円の年収にいっていないと、二人で生活するのが厳しいということがあります。
最近では夫婦共働きが当たり前になってきていますが、お互いの収入が低いと生活は苦しいです。
更に子供が生まれてくると将来の学費などの心配もしないといけないです。
この時に200万円代の年収だと子供に十分な教育などを行うことができないため、現在では最低年収のボーダーラインは300万円です。

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.