最低年収のボーダーラインは?

近年は、勝ち組、負け組みと言った言葉の時代です。

最低年収のボーダーラインは?

43才、男性のエッセイ : 近年は、勝ち組、負け組みと言った言葉の時代です

近年は、勝ち組、負け組みと言った言葉の時代です。
高収入、高学歴、高身長など、異性が求めるモノは、まず収入ではないでしょうか。例えば、10代の時は、スポーツや勉強、ルックスなどを求める傾向があります。
しかし、社会人になり働き出すと、結婚という新しい生活を考えるようになります。自分だけではなく異性や子供を養うには、それなりの収入が必要になってきます。
世間では、年収1千万円を目指せばそれなりの生活が送れると聞きました。
新築一戸建てを建てるなら手取り月50万円は稼ぎたいものです。
東京や大阪では、年収が2千万円以上で富裕層と言われます。会社経営で年商が100億円稼ぐ人で、年収が1億円ぐらいではないでしょうか。

しかし、結婚して生活が送れる最低年収のボーダーラインは、300万円は必要です。
いわゆる手取りにすると、月25万円になります。家賃、食費、光熱費などを考えると、25万円以下だと生活が苦しくなります。異性が結婚を考える時、収入を意識するので最低年収300万円以上稼げる職種を選んで欲しいです。

Copyright (C)2017最低年収のボーダーラインは?.All rights reserved.